整形外科|あづまばし整形外科|墨田区押上、本所吾妻橋の整形外科・リハビリテーション科

〒130-0001
東京都墨田区吾妻橋3丁目7-5 湯沢クリニックビル2F・3F・4F
03-3829-1711
WEB予約
ヘッダー画像

整形外科

整形外科|あづまばし整形外科|墨田区押上、本所吾妻橋の整形外科・リハビリテーション科

整形外科について

整形外科

整形外科は、運動器を構成するすべての組織(骨、軟骨、筋、靭帯、脊髄、神経など)の疾患や外傷を治療する診療科です。打撲・捻挫・脱臼・骨折などの外傷、いわゆる五十肩や腰痛、膝や肩の関節痛、手足の痺れ、神経痛など日常的によくみられる身体の痛みや違和感を扱います。また、高齢者の骨折は、ほとんど骨粗鬆症が原因であり、骨粗鬆症の予防や治療を行うことも整形外科の役割です。

整形外科でよくみられる症状と疾患

  • 切り傷、擦り傷、刺した傷など傷全般
  • 打ち身、捻挫、脱臼、骨折など外傷全般
  • 肩痛、膝痛、股関節痛などの関節痛全般
  • 肩こり、首こり、背中・肩甲骨のこりなどの日常的な症状全般
  • 腰痛、大腿部痛、臀部痛、手足の痛みやしびれ
  • 指、膝、首が曲がって伸びない、手足の指の変形
  • 歩きづらい、歩いているとだるくなる・痛くなる・しびれてくる
  • 交通事故、労災における外傷

その他症状でもお気軽にご相談ください。

整形外科の主な病気

  • 変形性関節症
  • 骨粗鬆症
  • スポーツ外傷
  • 交通事故・労災

骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、骨の強度が低下して、骨折しやすくなる状態をいいます。骨折を起こすと身体機能の低下をきたし、生活の質が低下し、寝たきりになる場合もあります。骨強度の約70%は骨密度により決まり、残りの30%は骨質により決まるといわれています。女性ホルモンの低下とかかわりが深いといわれていますので、40代以降の女性では早めの骨密度検査をお勧めします。骨粗鬆症の治療の目的は骨密度の低下を抑え、骨折を防ぐことにあります。当院では、多種ある骨粗鬆症治療薬に関する説明を行なったうえで、患者様と一緒に治療継続できる最適な薬を決定いたします。

骨粗鬆症の検査

  • 骨密度の検査(若年者の平均骨密度との比較)
  • 腰椎レントゲン検査(いつの間にか骨折していないかの確認)
  • 血液検査(骨代謝バランスを知る)

骨粗鬆症の治療

  • 食事療法(カルシウムや、カルシウムの吸収を促進するビタミンDを含む食品を摂取する)
  • 生活習慣の改善(転倒しないよう家の中を整理整頓する、過剰な飲酒や、喫煙を控えるなど)
  • 運動療法(骨に適度な運動負荷をかけ骨を強くする)
  • 薬物療法(骨形成の促進、骨吸収の抑制を図り、骨量を上昇・維持する。)